家系図は、どんな家庭にもあるとはかぎりません。家系図を残してあるのはたいがいが本家であり、分家にはよっぽどでないと残されていることは少ないかもしれません。余程のことというのは、本来家を継ぐはずだった人が大きな病気をして倒れてしまったりして継ぐことができなくなるなどです。家系図をみると、自分の先祖にどんな人がいたかがわかります。

ひょっとして歴史上有名な人の名前が書かれているかもしれません。また、自分の先祖がどのような仕事をしていたかなども分かるため、どのようなことに興味を抱いていた家系なのかも分かったりします。家系図をどんどん遡っていくと、どのような時代にどこに住んでいたかなども分かることがあります。そうすると、何があったために住む場所を変えていったのかなどにも興味を祖剃られるようになります。

自分が祖先からどのように繋がっているかを知ることで、自分のこれからの進む方向を考えてみることを手伝ったりもします。もっと自分を深く知りたくなるということでもあります。先祖からあなたまでどのような繋がりがあるのかを知ることは、これからあなたがどのように生きていくかも示しているようでもあります。そして将来あなたの名前を見て、未来の人たちがどのような捉え方をするのかにも興味を掻き立てられます。

果たして、過去に立派な人がいたと言ってくれるのか、どんな人生を歩んだ人だったのだろうといった関心を抱いてくれるかもしれません。