家系図は一族の系図で、近年重要性が見直されており家系を明確にする家庭が増えてきています。若い世代にも家系は明確にしておくべきと考える人が増えており、例えば相続手続きをスムーズに行うことが可能です。相続手続きで問題になるのが相続人の確定で、家族観の変化や高齢化によって相続人を確定するのに費用や時間をかけて、それぞれの戸籍を取り寄せるケースもあります。誰が相続人になるのか明確にする必要が多くなっており、家系図がない場合相続人の確定を行うことから始まります。

何人もの戸籍を集めている内に、数ヶ月経過することもあるでしょう。家系図があると便利で、事前に把握できているので相続人を確定させる時間が短いです。不動産の相続登記における添付書類として利用することができ、手続きの負担を軽減することができます。遺言の作成にも役立ち、親族との関係が明確なので遺言を纏めるのにも便利です。

終活の一環として作成する人も多く、終活は最期に向けた準備になります。親族との関係を考えたり、人生を見つめ直すきっかけにもなります。家系図と一緒に親族とのこれまでの時間を振り返ることにより、終活を有意義なものにすることができるでしょう。先祖の家系や代々の出来事、ご先祖たちの名前まで知っている人は少ないものです。

家系図を作成することで祖父母はもちろん、離れた親族や先祖代々も把握することができます。一族のルーツについて後の世代にも語り継ぐことができ、親族関係がより身近に感じることができるでしょう。