自分の親と親兄弟・祖父母まではしってはいるものの、それより上の代になると誰か分からない、写真で顔は見たことがるけども名前までは分からない、という方が多いようです。しかし、自分の先祖が誰かを調べてそれを家系図にするなら意外な事実を発見できる可能もありますのでとても面白いものです。とはいうものの、先祖を調べて家系図を作成する場合どうすればいいのでしょうか?いろんな方法がありますが、まずは親兄弟や親せきなどに聞いてみるということです。写真などを持参して聞いてみることが出来ます。

家族や名字や由来などを聞いてそれをメモに書き留めてそこから準備がスタートします。その後に個性調査を行いますが、戸籍調査は役所へ戸籍を請求して集めることができます。調査結果をもとに作成して行くわけですが、家系図作成アプリなどが便利です。無料でダウンローできるアプリがありますのでそれを活用すると便利です。

とはいうものの、最初は意気込んでいたものの途中で訳が分からなくなってしまったり何が何かわからなくなって混乱してしまう、作るのが面倒になってしまうということは珍しくありません。それで、そんな時には自分で作ることを諦めるて、プロの手に任せましょう。家系図作成のプロですときちんと仕上げてくれますし、額縁に入れて飾れるようにしてくれるところもあります。気になるのは作成費用ですが、内容等によって大きく異なりますのでまずは問い合わせてみましょう。