日常生活をしていたり子どもたちの寝顔を見たり、家族と一緒に過ごしているとふと思い至るのが自分のルーツです。100年前の先祖は何をしていたか、どんな人物だったのかなどを知ることができ、自分や子どもたちへと紡ぐ絆を可視化できるのが魅力といえるでしょう。ルーツを知りたかったり、残すための家系図がほしいという場合は、代行業者に依頼するのが最も効率的です。日本各地には行政書士を中心とした家系図やルーツを知るための手続きをサポートしてくれる代行業者が存在しており、先祖から自分そして子どもたちへと続く歴史を知ることができます。

中にはライフワークとして自分のルーツを知り家系図を作る方も増えています。この場合は自分の戸籍をもとに先祖へとたどったり、本籍地を訪れて旦那寺などで話を聞いたり、ゆかりのある地を訪れるなどしなければなりませんが、自分で調べるという達成感も魅力といえるでしょう。しかし手間や手続き、時間がかかることから最もおすすめしたいのは、代行業者を利用する方法です。戸籍や本籍地などに基づき調査するノウハウとネットワークを有しており、家系図作成やルーツを知るさいにとてもスムーズになります。

一般的な日本人の場合だと現代の戸籍制度が導入された明治時代である150年前、また江戸時代の旦那寺精度のあった200年先までたどれるので、気になることがあれば相談するとよいでしょう。自分の家系を知りたい、子どもたちに遺したいときは代行業者がおすすめです。