日本では先祖代々の存在を重んじる傾向があり、それをあらわすかのように代々守っているお墓を所有される方が多く存在します。今現在、自分のルーツをしっかりと確認して子供や孫にも伝えていきたいという方も大勢いらっしゃることでしょう。この影響も相まって、昨今では家系図作りをなさる方が多くなりました。先祖との関連性を目に見える形にすることができ、家庭における家宝となるものでしょう。

そこでここでは、これから家系図作りを実施する方に向けた家系図作りで必要となる書類についてみていくことにします。基本的に家系図は専門会社に委託をして制作をすることになります。掛け軸のような表装をされ、特殊な和紙に記述をすることから長期間、良好な状態で保管できるのが外部委託をするメリットです。まず必要な書類とは、戸籍謄本と住民票の2種類です。

この2つは個人情報が含まれるものなので、外部に提示をしたくないという方もいらっしゃるでしょうが、制作をなさる専門会社では個人情報の保護を厳重になされているので安心して提示ができます。なぜこの書類が必要なのか、理由は正しい家系図を制作するためです。10親等ほど遡って調査をしなくてはいけず、正しい親族を見つけて記述をしないと誤った家系になる恐れがあります。制作にかかる期間は内容で大きく異なりますが、10親等までであれば約1か月間で完了して受け取ることが可能です。

家族のルーツを知ることができ、家宝には最適なものです。家系図のことならこちら