歴史に興味がある人や父親や母親から面白い先祖の話を聞かされた人は、自分の家系図に興味を持つはずです。もし自分の家系図が知りたい場合は、親の世代に着いてみると良いかもしれません。それだと、正確な事は断片的にしかわからないケースがあります。この場合には、役所に行くことで全体を調べることができるはずです。

ただこの話をつけておきたいのは、市役所などでさかのぼれるところは限界があると言う事でしょう。具体的には明治時代になると戸籍制度ができたため、それ以前のことはあまりよく解りません。とは言え、明治時代より前の自分の家系図がわからない場合であっても、明治時代になっていた江戸時代の人の名前等に掲載されている可能性は高いです。慶応時代に生まれた人は高い確率で生きていますので、その時に生きている白石に掲載されなくなった時までわかるようになっているのです。

ただ、それ以前のことを知りたい場合には、市役所などでは不十分と言うかもしれません。どうしたら良いかと言えば、家系図に詳しい会社にお願いをすることです。調べる方法があるとするお寺の檀家帳を見せてもらうことかもしれません。江戸時代には必ずどの人も家お寺の檀家に入っていたため、調べることによりそれ以前のことがわかるわけです。

都会の場合にはお寺が、戦争の災害によって燃えてしまっているケースがあるかもしれません。その場合には調べるのは限界になりますので、口コミから判断するしかなくなるでしょう。それこそ専門の会社が行ってくれる内容になります。