自分が生活する中で必ず父親と母親がおり、また父方の祖父母や母方の祖父母など自分にとって親類と呼べる人がいます。また場合によっては兄や弟だけでなく姉や妹など兄弟がおり、自分にとっての家族を把握している事が基本です。ただしより詳しい自分のルーツを知る方法として、家系図を作成する方法があります。家系図は家のルーツを知る事もでき、様々な発見に繋がる事も多いです。

実際に家系図の作り方の基本として、夫婦の場合は夫は必ず右側に記入します。兄弟がいる場合は年長者から順位右から記載していきます。名前の左側には生年月日と死亡年月日を記載するのがポイントです。実子の場合は直線で記載しますが、養子の場合は破線でつなぐようにあらわします。

このルールにそって記載していくと、身近な家族だけでなく親戚も含めてより多くの関係性を把握する事が可能です。もちろん家系図自体がなくても問題はありませんが、あることで親類などの関係を一目で把握する事が出来ます。相続手続きといった時でも、一目でわかるというのも利点の1つです。いざという時のために遺言を残す際にも、作った図を参考にするという方法も有効的となります。

実際に親類や親戚を把握することで、終活をする上で役立てるといった使い方ができるのも特徴の1つです。なによりも分かる範囲でも先祖代々まで把握することで、自分自身を見つめ直しルーツを知る事が出来ます。今まで知らなかった人との繋がりなど、新たな発見に繋がる事も多いです。